セフレアプリ

 セフレアプリで知り合ったのが、知っている顔だったんです。
待ち合わせ場所で、断られるかと思ったのですが、あろうことかホテルに入ってくれちゃって、知り合いのオマンコで射精させていただけました。

 自分21歳、大学生です。
彼女と別れて、次の出会いもなく寂しさを抱えていたために、セフレアプリを利用してみました。
純粋な大人の付き合いが出来る女の子を探すためでした。
有名どころのセフレアプリでしたから、利用者の数が半端じゃないほどいる。
確実に、出会いは見つかるだろうと思い、女の子にアプローチメールを出しまくってしまったのです。
大きな期待が膨らんでいくのを、自分でも感じてしまっていました。

 セフレアプリで、親しくやりとりが出来るようになった相手が登場。
一つ年下の20歳。
女子大生でした。
遥ちゃん、メールの雰囲気は、すごく落ち着いていて、上品だなってイメージ。
何度もメール交換をした後、通話することにもなりました。
実際喋ってみても、メール交換したときと印象は変わらず。
こういう女の子が、大人の付き合いを求めるのかって思うと、やたら淫らな気分が盛り上がってしまった自分。
何だかんだと待ち合わせが決められたのでした。

 顔は会ってからのお楽しみと言われ、事前確認ができなかったのが、ちょっとしたデメリット。
駅改札近くで、会うことになりました。
そこにやってきたのは、よく通う喫茶店のウェイトレスだったのです。
フェラされたい男性をアプリで募集
遥ちゃん、顔見知りの女の子でした。
お互い目が点になる状態でした。

 遥ちゃんは、自分が頻繁に通っている喫茶店のウェイトレス。
相手も、自分の顔をしっかりと知っている。
待ち合わせ場所でお互い、かなり気まずい空気を感じてしまったのは事実。
さすがに、これは断りを入れた方が無難であろうと思考回路が動いた瞬間でした。
「お願い」と、言われてしまったのです。
「いいの?」
「うん、絶対に秘密にしてくれる?」
「それは当然」
「それじゃ、お願い。我慢できないの」
手に手を取って、ホテルにチェックインしました。

 魅力的な女の子だと、ずっと思っていた相手でしたから、セフレとしてホテルに入れた時は、喜びと強烈な淫猥感に襲われている状態でした。
魅力いっぱいの女の子の服を脱がし、エロチックな体を食べていきました。
こんな喘ぎ声を出すのか。
こんなふうに体を反応させてしまうのか。
知っていた女の子のオマンコの匂いは、こんな感じだったのか。
様々な思いが脳裏をよぎりまくって行きました。
無事にドッキングして、快楽の大爆発を引き起こせました。

ぶっちゃけ、ちょっと憧れた女の子でしたから、一発やれて本当に良かったなって満足感でいっぱいでした。
その後も、彼女が仕事をする喫茶店にはちょくちょく行って、何気ない顔で接客してもらっています。
セックスしたい
出会い系でセックス